読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒着の原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の癒着治療についてお話いたします。

癒着治療の続き

 今回は飲み薬を持ってきてもらいました。

前回は自費で購入していた漢方薬と処方された大健中湯でした。

自費の薬は効果なしでした。大健中湯は半分が適量と出ました。

今回は処方された薬全てです。

いやー壮観です。十種類ほどあるでしょうか。

今時こんなに薬出すところあるんでしょうか?と思える程です。

医薬分業から町医者だって儲からないので、薬をあまり出さなくなってきています。

医者の性格として引き算は決してしないので、薬はどんどん増えていくのでしょう。

以前オーリングテストセミナーに参加したとき、大村恵昭博士がガンの検証をしたことがあります。

ほんの数ヶ月前に胃がん手術をした参加者がいました。

オーリングテスト試料を使うと、ガンの存在が確認されました。

さらにその周りにウィルスが取り囲むようにいました。

これを取り除くためにEPAとDHAのカプセルを処方すると、15分もしないうちにウィルスは消えました。

博士が「このように取り囲んでいるウィルスが、抗がん剤ががん細胞に届くのを妨げている。サプリメントを使ってどけてしまえば問題ないが、多くの医者はこのことを知らないので、薬の量が少ないので効かないと思い違いして倍の量を処方する。それで正常細胞まで副作用で死んでしまうのです」と説明していました。

癒着は苦しく辛いので、鎮痛剤を処方されたりします。

これが血行を悪くします。

さらに不眠に陥ると睡眠導入剤も加算されてしまいます。

痛みと辛さ血行障害でうつになってしまうと、今度はその薬が加わります。

最後は胃や腸が悲鳴を上げるので、その処方薬も加わりもう抜け出す道がなくなるのです。

そこで高いサプリメントや漢方薬、強精薬まで加わってしまうのです。

これらの処方薬を見るとかなり効果が重なっています。

同じ目的の薬が二重三重に出されているのです。

これをオーリングテストで計測すると、量としては半分か4分の1でも良いと出ました。

さらにこれらが免疫を上げるか下げるか判定すると、上げるものは皆無でした。免疫効果を下げるものばかりでした。

薬の全ては副作用を伴うものなので、悪い時に応急的に使用するものだと認識しておかなければなりません。

患者さんはよくしゃべるし、最初の治療から目が生気を帯びてきており、うつの薬はもういらないと思います。

しかし患者さんも一度に薬を変えてしまうのも心配と言うことで、他の大きめの総合病院か全くの個人医院で、セカンドオピニオンを受けてみるという結論に至りました。