癒着の原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の癒着治療についてお話いたします。

癒着治療 9月23日

 癒着治療用サウンド アキュパンクチャを試聴されている方の報告がありました。

お二人とも順調のようです。

ただよくなってくると、つい動きすぎ働きすぎてしまうようです。

例えば肥満の方と痩せている方と、食事の時間を計ると、前者が圧倒的に短いそうです。

早く食べるために、消化され血糖値が上がり満腹中枢が満たされる前には、適正な食事量以上を食べてしまっているという次第です。

おそらく脳の中では同じようなことが起きているのではないかと思われます。

高麗手指鍼治療では多くの疾患治療で起こりますが、たの治療法より血流の改善などがめざましくなります。

血流改善が図られるとどういうことが起きるかというと、痛みが軽減されもちろん筋肉の動きが良くなります。

このことで脳は身体が軽くなって来たので、治ってきたと錯覚するのではないでしょうか。

内蔵が治っていくには、運動器などや骨などよりもより時間はかかるのではないでしょうか。

それが短時間に治ったと錯覚するほど身体が軽くなるので、動きすぎてしまいその負荷に内蔵が耐えられず、元の症状より重くなる危険性はあります。

自分の体を知る感じるというのは、そのように難しいことでもあります。

ただし不思議なのは「脳」という器官はどうも人間全体の器官臓器の状況を把握していて、もし損傷があればどのくらいの時間でそれが修復されるか分かっているようなのです。

まだまだ謎の多い「脳」です。

癒着という現象も症状も、そこの患部だけではなく身体全体の不調がそこに現れた、こう考えればそう簡単に元の状態に戻ることが簡単なことでないことが理解されます。

しかし癒着は完全に治ります。

手のひら先生の高麗手指鍼とサウンド アキュパンクチャならばですが。